■調査目的/アイクリームに関する調査  ■調査方法/インターネットリサーチ  ■調査地域/全国  
■調査対象/20歳以上のNanoMarket Marketingメンバー  ■有効回答数/1,266サンプル
■実施期間/2020年8月18日~2021年1月16日 ■調査企画・設計/NanoMarket Marketing

アイクリームの種類・タイプはどういったものがあるの?

アイクリームを使いはじめるとき、今はたくさんの種類の商品が販売されているので、どの商品にすればよいのか迷ってしまいます。基本的には、保湿成分がしっかり入っていて、潤いを与えるアイクリームがおすすめです。あとは、目元に摩擦や刺激を与えないために、伸びがよく、スーッと肌に馴染むような質感が大切。アイクリームにはタイプもあるので、悩みに合わせたアイクリームを選択すると良いでしょう。

≪たるみ改善≫

目元のたるみが気になっている方は、保湿成分がたっぷり入ったアイクリームがおすすめ。たるみは、加齢や乾燥で皮膚の保湿成分が減り、皮膚を引き締める繊維が少なくなって起こっているので、ヒアルロン酸やコラーゲンなどの保湿成分を与えることでたるみのケアにもつながります。また、目元の皮膚は薄く皮脂も出にくいのでたるみが気になる部分。マッサージなどでも変化を感じられず、美容手術を受けるのはお金もかかるため、自宅でしっかりと目元のたるみをケアさせたいときには、保湿できるアイクリームがおすすめです。

≪小ジワ改善≫

目元の小ジワが気になる方は、保湿ができてスーッと馴染みやすい質感のアイクリームがおすすめです。目元の皮膚は薄いため、年令とともに小ジワができやすい場所。とくに、乾燥する時期には小じわが目立ち、そのシワは徐々に大きくなり目立ってきます。目元にシワがあると、老けて見えてしまうので、早い段階での対処が必要です。目元の皮膚は常に保湿ができるよう、保湿成分が入ったアイクリームがおすすめ。さらに、摩擦や乾燥が小ジワの原因になるので、肌に負担をかけずに使える馴染みやすい質感のものがおすすめです。

≪むくみ・クマ改善≫

目元のむくみやクマが気になっている方は、乾燥で角質が厚くなったり固くなったりするのを防ぐ、保湿成分が入ったアイクリームがおすすめ。目元のむくみやクマは、角質が厚く固くなって起こったり、血行不良でも起こります。まずは、ビタミンC誘導体配合のアイクリームなどで肌のターンオーバーを促し、固くなった角質を柔らかくしていきましょう。古い角質があると、せっかく保湿ケアをしても浸透されず目に見えての変化が期待できないため、専用のアイクリームを使うことがおすすめです。保湿をしっかりすれば、血行不良にも◎。

※表記価格、商品内容は随時変更される可能性があります。必ず各商品の公式サイトをご確認ください。
※使用感などのレビューについては、あくまでも個人の主観的な意見・感想となり保証はいたしかねます。

サプリのホントの選び方

  • アイクリームって目元以外にも良いって本当?

    実はアイクリームは目元だけではないんです。先ほど「目元の皮膚は人体の中で一番薄い」とご紹介しましたが、一番薄いということは最も敏感な部分です。その敏感な目元に効果のあるアイクリームは、もちろん他の部分にも使えます♪

  • アイクリームの塗り方とは?意外と間違えている人多し!?

    アイクリームには無数に種類があるのですが、基本的な塗り方というのは同じです。意外とアイクリームの塗り方を知らない人が多く、折角の高価なアイクリームも十分に発揮できていないこともあります。

  • 目元のしわを綺麗に隠す方法とは?

    アイクリームに即効性が無いのは残念ですが、使い続けていればしわを消したりたるみを解消できる可能性は高いです!

  • アイクリームの種類・タイプはどういったものがあるの?

    アイクリームを使いはじめるとき、今はたくさんの種類の商品が販売されているので、どの商品にすればよいのか迷ってしまいます。基本的には、保湿成分がしっかり入っていて、潤いを与えるアイクリームがおすすめです。

  • アイクリームに関する【Q&A】

    Q. アイクリームはどのタイミングで使えばいいの?A. 朝晩のスキンケアと同時に行うのがおすすめ


PAGE
TOP